在籍確認なしで借りられるカードローンがある!?

在籍確認なしのカードローンを探す

カードローンやキャッシングなど、お金を借りる場合には、”在籍確認”という、本当に申告された会社につとめているか?という確認の電話がかかってきます。
在籍確認では個人名で電話をかけてくるため、キャッシングを利用していることがすぐにバレてしまうということはありません。

 

しかし、勘のいい人なら気づくかもしれませんし、普段電話がかかってくることがない場合には、あなた宛てに電話がかかってくるというだけで怪しまれてしまいますよね。

 

そのような方たちが安心して借りることができる在籍確認なしのカードローンをご紹介します。

 

在籍確認は代替えができる!?

在籍確認なしのカードローンに必要な書類

基本的には勤務先に電話がかかってくる在籍確認ですが、代替えすることが可能な場合があります。
もともと在籍確認とは、その会社で働いているかどうかを確認するものです。
つまり、申込み時に申告した会社で働いている証拠を書類として提出すればいいのです!
もちろん、利用者側が勝手に用意していいのではなく、金融機関側から指定があります。

 

代替えとして必要な書類は、社員証や健康保険証、給与明細(直近2か月分)などがあります。
用意できるようでしたら、金融機関に提出し、在籍確認なしで手続きを進めてもらうようお願いしてみましょう。

在籍確認なしのカードローンはない!?

在籍確認なしのカードローンはない!

カードローンでお金を借りたい場合には、在籍確認は必ずあると考えましょう。

 

お金を貸す金融機関としては、返済の見込みがない人にはお金を貸すことができません
つまり、働いていない人にお金を貸すことはできないのです。
そこで、実際に働いているかどうか、勤務先に在籍確認する必要があるのです。

 

代替えとして勤務していると証明できる書類が利用できるかどうかはキャッシング会社によって異なります。
申込みの際には、勤務先への在籍確認をしないでほしいことを明記しておきましょう。
申し込み後は、金融機関から直接連絡が来ますので、その際に、在籍確認なしにするにはどうすればよいか、相談してみましょう。

 

実際の在籍確認は…?

カードローンの在籍確認なしにする方法

勤務先への在籍確認ですが、キャッシング会社の名前を名乗って電話がかかってくることはありません
オペレーターが個人名で問い合わせをしますので、キャッシング会社だとすぐにわかってしまうことはないのです。

 

電話に出た後は、生年月日の確認など、いくつかの質問をされます。
所要時間は数分ですので、怪しまれるようなことはないでしょう。
万が一電話に出られなかった場合は、勤務先から席をはずしている等の返答がもらえれば在籍確認になります。

 

自分あての電話がかかってくることがある場合には、在籍確認なしでなくても大丈夫でしょう。